動物をケータイしよう!(iPhoneアプリ)

iPhoneのアプリは無料のものを入れては消すの繰り返しです。たぶんみんなと同じですよね。
でもどうにも長期間残ってしまうアプリがあります。僕の場合は主に動物です。(予想通り)

なかでも、これはなかなかいいなあと思うものを紹介します。という名の押し売り。


■まずは「サウンドタッチ」、350円。いきなり有料(笑)
まあ、ちょっと聞け。
まずは利用制限のある無料版を落としたのだけど、とてもいいので清水の舞台から飛び降りる気持ちで正規版を購入したのです。結果、これは安い買い物でした。

110129_01.jpg

画面に触ると該当する音が鳴る。サウンドタッチ、そのまんまだね。
たとえばライオンに触れると・・・

110129_02.jpg

ガオー!

カテゴリーは6つ。ヒトの近くで生きる動物、野生動物、鳥、乗り物、楽器、生活音。
それぞれのカテゴリーがさらに12のジャンルにわかれています。その12のジャンルごとにそれぞれ4~5種の画像と音が振り分けられています。
実はライオンだけでも5種の画像と音があります。
つまり300以上の画像と音、もうぜんぜん飽きないの。そして僕以上に息子(1歳)が好きです、これ。
写真が表示されて音が鳴るだけなんだけど、なんかちょっと感動しちゃう。

→APP サウンドタッチ(350円)・・・無料版Liteあり


■似たようなのに、動物に特化した「Animal Chatter」ってのがあります。

110129_03.jpg 110129_04.jpg 110129_05.jpg

これは日本語化されてないし、画像も音も動物一種につきひとつと「サウンドタッチ」に比べたらちょっと物足りない。
でも爬虫類とか昆虫とかのカテゴリーがあってそこがいい。

→APP Animal Chatter(無料)・・・有料版150円あり


■次は「みんなの動物園」です。これも有料かな。230円ナリ。意外に有料が多いな(笑)
これは全国の動物園に関する検索アプリです。

110129_06.jpg 110129_07.jpg

たとえば画面からキリンを選びます。

110129_11.jpg 110129_09.jpg

するとキリンがいる動物園がずらっと。
で、その中からたとえば到津の森を選ぶと園の詳細情報が出ます。
ここで画面下にある「ここで見れる動物」ってのを押すと、もうおわかりですね。

110129_10.jpg

今度は到津の森にいる動物がダーって表示されます。
情報がちょっと古かったり、動物の名前わけが園の表記にのっとっている(キリンでもアミメとかマサイとか亜種区分してるのもあれば、関係なく単にキリンとしているところもある)ため、ちょっと統一感がないのが難点といえば難点です。
でもぐるぐる見ているだけで(僕は)楽しい。無料だし。

→APP みんなの動物園(230円)


■そしてこれはすごい、「京都市動物園 動物図鑑」! 2010年8月リリース。

110129_12.jpg 110129_13.jpg 110129_14.jpg

まず園内マップを選ぶと実際にマップが表示されるので、動物アイコンを押します。
するとそこに展示されている動物の詳細情報が・・・!! なんだこれ、すごい。

110129_15.jpg 110129_16.jpg

学名や生態などウィキペディアなみの情報に、なんと京都市動物園に実際にいる個体の動画までついてる!(ないものもあります)

QRコードってのは、どうやら動物を展示しているところにQRコードがあって、それを読み込むと情報がでてくるらしい。

個人的には実際動物園に行ったときよりも、行く前や帰ったあとに見たい。たぶんもっとその動物園が好きになるわあ。
いいなあ、これ。全国の動物園でやったらいいのに。

京都市動物園は、動物園に行くのが楽しくなるappアプリをほかにも3つリリースしています。すべて無料。
さらにweb上に、京都市動物園 CyberZoo(→http://www.kyoto-city-cyber-zoo.jp/top.php)というものもオープンしています。
京都市動物園、これから何やんだろう、楽しみ。

→APP 京都市動物園 動物図鑑(無料)


■最後は真打ち登場、「NHK 最後の楽園」です。
テレビ番組「NHKスペシャル ホットスポット 最後の楽園」(→http://www.nhk.or.jp/hotspot/)と連携したアプリです。
実はこのアプリがあまりにステキで、これを紹介したいからこの日記を書いたようなもんです。

110129_17.jpg 110129_18.jpg

ホットスポットとは、生物多様性が豊かでありながら、原生(人の手が入っていない)の自然の7割が失われ危機に直面している地域のこと。
そのホットスポット34ヶ所を紹介してます。

110129_19.jpg

なにはともあれ画面構成がカコイイ。コンテンツ別の枠が画面の四方からシャシャッとすべってくるもが気持ちイイ。
動画と写真と文字を駆使した多彩なコンテンツです。緑の数字は「この数字は何でしょう?」というエコクイズ。

110129_24.jpg 110129_20.jpg

ガイドブックをクリックすると、電子書籍みたいな感じです。めくれます。
動物カメラは、ようするにプリクラフレームですね。

スライドショーをクリックすると、ホットスポットの動物や自然の写真が流れます。

110129_22.jpg

iPhoneを縦に持つとこう。横にすると文字はどうなるのかなと思いきや、お見事。

110129_23.jpg

こうなります。
かゆいところに手が届いてます。さすがNHK。

いや、明日ね、この「NHKスペシャル ホットスポット 最後の楽園」が放送されるんです。
  第1回「マダガスカル 太古の生命が宿る島」
  2011年1月30日(日) 午後9時00分~9時58分 総合


僕の住む街、北九州市とマダガスカル共和国は、マダガスカルのホットスポットにに大きな影響を受けている希少動物の保護を目指して、「到津の森公園」や「いのちのたび博物館」とマダガスカル共和国の「チ.ンバザザ動植物公園」との間で友好関係を結んでいます。
なので番宣。なーんだ、到津の森のファン活動か。

結局、また到津。

→APP NHK 最後の楽園(無料)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する