サファリがウリじゃないサファリ

【姫路セントラルパーク】

12月31日に開いている動物園を探したら姫路戦とラールパーク(兵庫県)を発見!
僕の住まいは福岡県北九州市という場所だから朝はちょっとだけ早め。朝6時台の新幹線でゴー。
という家族旅行。

101231_01.jpg
初めて行ったのですが、動物の絵本や図鑑や特集でココの動物の写真が掲載されていることが多く、なんとなく耳馴染みの場所です。

ただここが実は遊園地と動物園が一体となった場所だとは知りませんでした。動物園だけだと思っていました。
ほかにもアイススケート場もあるなど、どうやら地区の一大レジャー施設のようです。すごい山奥でしたけど。

もっと驚いたのが動物がサファリ方式で展示されていたところ。無知すぎです(笑)
<ドライブスルーサファリ>と<ウォーキングサファリ>とわかれていました。

とりあえずドライブスルーだ、サファリバス乗るー。


101231_02.jpg 101231_03.jpg
101231_04.jpg 101231_05.jpg
左上からライオン(の看板)、チーター、
左下からトラ、グラントシマウマ。

サファリは思ったより小さいです。
またバスはいわゆる路線バスのような形だから動物との距離(高低)が遠いんですよね。
車道ももう少し広かったらなーと思いました。後続車が追い抜けないのです。
自家用車で回った場合、これだと自分のペースを保てない。後ろを気にして見たい動物をゆっくり見れないのはちょっとヤだなー。
動物のスペースも狭いなあと思ってしまいました。
もちろん通常の運動場よりは広いのだけど、お客さんはサファリと思って入るわけで、中途半端な広さではより狭さが際立つんですよねえ。
おれ何様?

でもすべてのマイナスをふっとばす好印象があります。バス車内の動物説明はよい!!
テープ再生なんですけど、詳しいけど難解ではなくって・・・あの解説テープ欲しいわあ。
ハードは自力ではすぐには解決できないこともあるけど、ソフトはそうじゃないってところがカッコイイです。

101231_06.jpg 101231_07.jpg
アミメキリンとブラックバック。
ブラックバックってのはウシの仲間です。
このシカっぽいウシ科の動物がたくさんいておもしろかった。(解説テープで興味が沸いた。)
ほかにもシロオリックス、アダックス、バーバリーシープ、ムフロンなどなど多彩。これからはウシが熱い!(卯年ですが)

キリンは車と徒歩のコースで違った角度から見ることができます。
同じ動物を様々な場所から見る。こういうのは好きですね。こんな展示の動物はほかにも数種ありました。
<ドライブスルー>と<ウォーキング>の併用すばらC!!

101231_08.jpg
カバ。
水に凍り貼って入れん始末。バスでどっかの子どもがかわいそがってた。
大丈夫、本気出せばあの程度の氷バッキバキよ?(笑)

101231_09.jpg

101231_10.jpg
本当に寒くて、氷の厚みが7~8mmはあった。
ところが動物は関係ないのね。カモもカラスも余裕ッス。

101231_11.jpg
関係ないけどエグザ(イ)ル。

101231_12.jpg
関係ないついでに木の根。
アスファルトをものともしない。なんだこのパワー。

101231_13.jpg
動物の体をじっとみるのが好き。
あんまり至近距離で動かないってのは機会がないから、そういう機会に恵まれるとドキドキする。
これはチンパンジーの手。鉄でもひん曲げそうな迫力だ。
実際大人のオスの握力は300kgを超えるとも言います。

この後大口開けて威嚇された(ToT)
でも口腔内の写真も撮れたのでよしとする。

101231_14.jpg
アフリカゾウの目。
しかしビックリするくらい綺麗な肌だな。たぶん若い個体だと思う。


ところでここのゾウの展示恐い。
この程度の金網で安全が確保できるのか!?
前にどっかの動物園でゾウが戯れにひん曲げた鉄柱ってのを見たけども(笑)
網目に鼻先が入りきらないってのがポイントなのかもね。

101231_16.jpg 101231_15.jpg

ホオジロカンムリヅルがモモイロペリカンに向かってしきりにダンスしてたけど、ペリカン知らん顔。挙げ句の果てには飛んで逃げた。
ホオジロカンムリは、よく異種の鳥に対して踊っています。
たまに見かけるけど、なんでだろうね。


さて、最後に僕がテンション上がった動物を3種ご紹介します。

101231_17.jpg
まずはホワイトライオン! 写真のせいで白く見えないけど。
というよりふつうにライオン大好きなんですよね、ガオー。
息子(1歳)が最も興奮する動物でもある。釘付け。

101231_18.jpg
ほのかに黄色いのだが、白い。
いわゆるアルビノではない。こういう種なんだって。
ホッキョクグマやホッキョクギツネみたいなもんですね。
地球には氷河期というのが定期的にあるから、どの動物にもこういう白色の遺伝子があっておかしくはないと言います。
そりゃそうだ、雪景色には白い方が優位だ。

101231_19.jpg
カコイイわあ。

101231_20.jpg
アルビノではないので瞳孔は黒い。
でも白目はふつうのライオンより色が白い気がするガオー。
ふつうのライオンは白目が黄色いんだよね、たぶん。

ちなみに姫路セントラルにはホワイトタイガーもますよガオー。

101231_21.jpg
お次はチーター!!
何がテンション上がったかって、僕は今までの人生で、チーターをこんな間近で見たことがない!!
でかい、でかいよ。そしてなんとしなやか。
ネコ科のなかでは弱小組とナメてましたがゴメンナサイ。こりゃあ人間は勝てねえわ。(あたりまえ)
繁殖の都合上、群れから離していたようです。

101231_22.jpg
最後はコツメカワウソ!!!
カワウソ大好き。
でも泳ぐ姿を見ることはなかなかないんですよねえ。美しい。感動です。

101231_23.jpg
ウォーキングサファリは高低差が激しいので、無料でロープウエイに乗ることができます。

101231_24.jpg
そしたらスカイサファリつって、これまで見てきた展示を一望できる。
ちょっとお得な感じがします。


なんだかんだと満喫しました姫路セントラルパーク。
とくにウォーキングが充実していましたね。サファリや遊園地が主となっているから、歩くほうはまったりしているんです。自分のペースでじっくり見ることができます。動物が近いですしね。

でも、いちばんありがたかったのは、実は、園内パンフ「サファリガイド」だったりします。
なんと18ページもあって、展示動物の位置と全種の動物写真とミニ解説付き。
なんだこの動物図鑑、なんで無料で配ってんのよ。売れるよ?


姫路セントラルパーク 公式サイト
http://www.central-park.co.jp/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する