スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最北の動物園よりの使者が伝える「いのちの魅せかた」

到津の森公園

12月21日に動物園に行きました。この日のために3ヶ月以上前から休みをとるほど待ちこがれていた一日です。
実は僕の職場(子育て支援施設)は、12月23日は開館記念日で大忙しの時期ですが、仕事のために生きるのか、生きるために仕事するのか、そんな究極の選択をしたら後者でした。

21日は朝から雨。実は悪天候は動物園日和です。
まず人出は少ないし、何より動物は晴れの日と違う見たことのない動きをすると、そういう次第です。
水が好きな動物なんかは、ふだんは人前には出てこないのに、雨の日はウロウロ手前に出てきたり、水が嫌いな動物は「なんでそんなとこに」というところにヘンな格好で入り込んで雨やどりをしています。

でも天気が悪かったとはいえ、日曜日でしたのでイベントもチラホラやっていました。
たとえば、クリスマスも近いのでゾウにケーキプレゼントだとか。
単なる客寄せに見えるけど、きちんと飼育員の話に耳を傾け、動物をしっかり見ると、やけにおもしろい。
そりゃあそうですよね、動物は人の価値観に合わせて動かない。そういう意味では野生そのものを見てると言えます。
食材の食べる順番、鼻の使い方。それぞれに種の特性や個体差などがある。イベントに参加するなら子ども任せにしないで大人こそが積極的に参加したい。子どもには勿体ないような高度な内容ですもん(笑)

写真
動物をしっかりと見つめることは、いわゆる「知育」だの「情操教育」なんぞより、よっぽどものの役に立つと思います。
僕は、子育て支援には動物園こそが絶対に必要な施設だと思ってるんですよね。この話はまたいずれ。

おっと、忘れていました。
この日到津の森に来たのにはワケがある。旭山動物園の副園長で獣医、板東元氏の講演が行われたのです。

■講演タイトル「いのちの魅せかた」、内容はそれは素晴らしいものでした。

---------------------------------------

いのちを伝えるのが動物園。芸だの人間のまねごとだの、人間がとってつけた価値観でなく、動物本来の姿を見せるのが動物園。
珍しい動物とかふつうの動物とか区別はない。すべてがすばらしい驚異の存在である。
飼育員が感じる動物の見事なまでに潔く真摯ないのちの姿を、お客さんに擬人化せずありのまま、悲壮感なく伝えることが動物園の役割。
それにより、お客さんが自分の家の周りやふるさとの動植物に目を向ける、その架け橋となるのが動物園の存在意義である。

---------------------------------------

こんなことをもっと適切な言葉で、確固とした意志をもってお話ししてくれました。
僕は講演前に坂東さんと少しだけお話ししました。喫煙所で、小さくなってタバコを吸っていました。腰の低ーい、人付き合いのホントに苦手そうなシャイな印象でした。
でも動物の話のときのこの論理性と情熱と力強さはなんだ。やっぱこの人、凄い。

坂東さんの著作(「動物と向きあって生きる」)で感じたとおり、厳し温かい方でした。リンク先、3番目に紹介しています。
http://gon623.seesaa.net/article/84640232.html

講演が終わってもまだ帰りません。また動物見るため延々と園内を歩きました。この日は夜9時まで開いているからです。勿体なくて帰れますか。やがて夜の帳がおりてきました。雨は、あがらず。

写真
ライオン。
いつもなら屋根のある部屋に戻っている時間ですが、今日は「夜の動物園」だからまだ外にいます。
イベントとしてバックヤードツアーも開催中で、そのコースにはライオンの寝床の見学もあるから、それが終わるまで部屋に帰してもらえないようです。

写真
エリマキキツネザル。
いつも人間のほうをじっと見据えたり、檻の中を飛び回っているのでよくわからなかったが、実は背中が驚くほど真っ白だったんですね。この日初めて気づきました。

写真
ライトアップ。床木が濡れて、イルミネーションを映し出す。綺麗。

写真
動物イルミ。昼間見たときは貧素な針金アートだなあと思ってゴメンナサイ。光を纏うとこんなにも美しい。

写真
到津の森のライトアップは、光量が抑えられていて幻想的な雰囲気。
暗闇の中で、五感を駆使して動物を探すのが楽しい。

ちなみにコケタのは↓
写真
暗がりでの過ちではなく、真っ昼間の視界良好時のデキゴトでした。見えるから逆に油断した。ぎゃふん。


到津の森公園 公式サイト
http://www.kpfmmf.jp/zoo/
旭山動物園 公式サイト
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。