日本一の桜咲き誇る動物園

【神戸市立王子動物園】

4/8、妻と今度のの休みどこに行くか話していたら、そうだ、パンダ見よう、と
で4/10、パンダとコアラを見ることができる唯一の動物園・神戸市立王子動物園に行きましたー。
そしたらまず目に飛び込んできたのは桜! 桜、SU・GO・I!!
春には無料で園内の桜を見学できる「夜桜通り抜け」というイベントをやってるそうですね。いいなあ神戸の人。それにしても圧巻であるよ。

写真 写真
写真 写真
写真 写真 写真

すごいよ、桜のためだけでも行く価値があるよ、王子動物園。
秋は紅葉が過ごそうな、そんな植林もされとりました。想像ですが。

さて動物である。

基本的にはふつうですね。ふつうにたくさんの動物がいて、それなりに動物を近くに見ることができる。
とくに目新しさはないけど、別に動物園に目新しいことが必要なわけではないから、それでいいのです。
実は展示方式に一部疑問点をもったことを憶えているのですが、内容は・・・桜が奇麗すぎて忘れました。

それより特筆すべきは、園内にイスやら芝生やらがたくさんあったこと。これはいいですね。
いろんなところでレジャーシートが広げられていました。
もう学校も始まっていた時期なのに、お客さんがビックリするほど多かったのは、単に規模がでかくて有名だからではないと思います。
じっくり落ち着いて腰を据えられる環境があるというのは、誰にとっても行きやすくなります

や、動物の話であった。

写真
ヨーロッパフラミンゴとベニイロフラミンゴ。
園にはいるといきなり大群。
しゃがんで頭を逆さまにして水につかるわ立つわの暴れっぷり。こんなアクティブなフラミンゴ、初めて見たよ。

写真
ユキヒョウ。
でかッ!!!
手が、手がでかい。身体に比べて手が太くてででで、でかい!
きっとすごいパワーの持ち主だ。
寒いところだからエサが少ない。だから絶対獲物をしとめる力が必要なのかなあと勝手に想像。

ユキヒョウは多摩に行ったとき少しだけ見ましたけど、あのときは赤ちゃん公開と重なって黒山の人だかりでじっくり見れず。なので今回大満足です。

写真
アムールトラ。
シベリアトラともいう。世界最大のトラ。ピクルに喰われたやつ。ピクル?(マンガ「範馬刃牙」のキャラクターです・・・。)

同じ種なら寒いところにいる動物ほどでかい。これを「ベルクマンの法則」というそうです。
体がでかくなるほど、質量に対して表面積が少なくなるから、熱が逃げにくい。
バケツとお猪口(ちょこ)にお湯入れて、どっちが冷めにくいかってことですよね。逆に言うと冷めやすくするなら小さく小分けにしたらいい。
てことは、北に住む人間、つまり白色人種のが僕らよりでかいのは、あたりまえってことなのかな、余談ですけど。

ちなみに、寒いところほど耳や尾など、突起部が小さくなりがちでこちらを「アレンの法則」と呼びます。

写真
インド(アジア)ゾウ。
ここでは自然交尾でオウジという子どものゾウが産まれたそうです。(以前ゾウの出産例はないと書きましたが、厳密には誤りだったようです。失礼しました。)
でも今は公開中止。寝たきりだと掲示がありました。

あとで、飼育員さんといろいろ話す機会があって聞いたら、育児放棄とかなんとか、その他いろいろたいへんなことがあったらしい。

飼育員さんにどんどん話しかけると動物園はおもしろい。
今回、お話を聞いたのはレッサーパンダ舎前だったけど、レッサーのことはもちろん、さっきのゾウの話やほかにもいろいろ教えていただきました。挙げ句の果てには神戸の観光案内までしてもらう始末。
施設側の人間って実はいろいろ伝えたいんだ。僕も施設運営の仕事してるけど同じですもん。

写真
ジャイアントパンダ。
ほぼ竹を食べて生きるクマ。
顔は丸いが、それっておそらくその食性から、顔に筋肉がついたから。
丸いのは筋肉でそう見えるだけか。パンダ、ますますこわい。
前に、「チーターとパンダはその危うさが似てる。いずれその理由を言います」みたいなこといったけど、今回もスルー。
日記長すぎだから。

写真
コアラ。
手を使って足を組もうとしています。よいしょっと。オッサンか。
このあと大あくび。ひどい顔だった。
木を登ったり、下りたり、飛び移ったりするのは、ここ王子でも多摩のコアラでも見た。でも、土を食うのは相変わらず見れん。
ミネラル分をとるために、コアラは土を食うそうですよ。

写真
カリフォルニアアシカ。
旭山動物園のホッキョクグマ舎のように、水槽を上からと横から見れます。

写真
アシカ舎。上から見ると桜が美しくてほえーとする。

写真
マサイキリン。
これは珍しい。今だいたい動物園でみかけるのはアミメキリンですから。

写真
フンボルトペンギン。
これも上からと横から見れるのだ。蛇口ジャマ。

写真
チャップマンシマウマ。
シマウマ。臆病な癖に凶暴(笑)
ひどい性格(笑)なのに人気なんですよね。ちょっとマヌケな縞模様のおかげかな。
どれほど鈍足のシマウマでも、最高峰のサラブレッドより俊足らしい。
が、やっぱり信じられん。これもマヌケ模様のせいかなあ。

ちなみに写真は公開されたばかりの赤ちゃんシマウマ。赤ちゃんだと大人に比べて人気が3倍になります。
シマウマなのに人垣でなかなか見えません。

ほかにも、ホッキョウグマとかウマグマとかエゾリスとかオオアリクイとかカバとかカワウソとかカメ関係とかで、おもしろいことありましたが、長くなったので割愛。あと生まれて初めてカピバラの足をまじまじと見たんですけど、ちょっと気持ち悪かった。やっぱネズミだわー(笑)

写真

じゃ、北九州へ帰りますか。じゃのー。

しかし、9時から17時じゃ、時間ぜんぜん足んないですね。さすが王子動物園、でかいよ。次はいつ行けるかのう。

おわり。


神戸市立王子動物園 公式サイト
http://ojizoo.jp/


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する