スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島の森でリスと出合う

【平川動物公園】

鹿児島旅行記、その2。ハイ、動物園へ行ってきましたー。相も変わらず。

昨日(8/31)は海洋生物見たけど、やっぱし陸上のも見たくなりまして。
鹿児島に動物園はないのか。あるだろう、鹿児島だよ。でっかいよ。自然もたくさんあるよ?
ありましたー! パンフレットをいおワールド水族館で発見。平川動物公園? よし。

写真
パンフの表紙(上の写真)を見ると、草原で食むおそらくシロサイ。その後ろに、これはグラントシマウマか?(実際はチャップマンシマウマでした) ダチョウも見える。なんだこれは、異種同柵か!? さらに、手前に大きく写るのはどう見てもマ、マサイキリン・・・!
なんと珍しい。少なくとも僕が暮らす九州で、マサイキリンが見られるのは稀なんです。
僕はマサイは本州か、先日北九州に来たサーカスでしか見たことない。

そして、それら動物の後ろに見えるは、どん。桜島ー!なんつう雄大な。
・・・行こう。行かねば!

090901_00.jpg
そういうわけで、鹿児島2日目(9/1)は、鹿児島市平川動物公園に行ってきました。
コアラとかレッサーパンダが人気の動物園だそうです。

園内に入ったら、いきなりパンフの写真の風景が広がりました。いきなり度肝抜かれる世界観です。
でも残念ながら動物はいなかった。ただいま(平成27年までかけて)園内の展示をリニューアル中だそうで、工事中でした。曇りで桜島も見えなかった。
ただこれは、工事終わったらきっとものすごい。

本来ここにいるはずの動物たちは、別の場所で展示されていました。

写真
マサイキリン。

写真
シロサイ。
シロサイは2頭いたけど、ともに角がボッサボサで短かった。
サイの角は「骨」でなく「毛」が進化したものだから、削れても痛くはないんだろうけど、2頭とも合わせたように短いなんて。
サイにも群れや地方ごとに流行りなんかがあるのかな。今後サイを見るときに注目したいポイントです。

平川動物公園は、言っちゃ悪いが古めかしい動物園でした。
そこで、先ほど言ったように、今後数年かけて展示を変えようとしています。
旭山動物園効果もあるのでしょうが、今展示を改装しているところは、すごい豪快なプランを立てるところが多い。平川も面白くなりそうです。
プランを見ると、平川はランドスケープ型というのか、動物の生活環境を(サファリのように自然を)そのまま再現する方向性のようです。それを人が覗くというスタンス。
これは旭山の行動展示とはちょっと違いますね。
行動展示とは、自然の有無は問わない。動物の行動が自然界と同じようになる仕掛けを目指しているもので、行動が同じようになるなら鉄柱ばかりの運動場でも構わない。ちょっと乱暴な言い方ですけど。

写真 写真
そんなランドスケープ型を目指す(多分)な平川のすごいところは、大きなゲージの中に森がある展示が多数あるところ。
動物園にいるのか、山に来たのかわかんなくなるほどの森っぷりです。

旭山で言ったら「ととりの森」、到津で言ったら「こもれびの径(みち)」のでっかいやつを想像してください。
例が地方過ぎて申し訳ない。

写真 写真
左はセキショクヤケイ。ニワトリの祖先。と、右はショウジョウトキ、かなあ。

写真 写真
左は僕の大好き、バン。泳ぐ姿が不格好な水鳥。それと右はカ、カワウ? 鳥はぜんぜん種類がわからんー。

写真
ふと気づくと近くににシマリスとかいるんです。
平気で近づいてくんの。つまり逃げ切れる自信があるということ。
かわいいかわいいって人間サマたち、なめられてんだぞ(笑)



シッポの動きが神秘。ふよんふよんしてるのに固定感がある。説明下手だなあ僕。

写真
コアラ舎の中では、写真展と子どもが描いた動物絵画展をしていました。
これが衝撃。けっこう由緒あるイベントなのかな。すごいレベルが高い。写真も絵もすばらしい。
写真展は動物に限らず、園内のすべて(植物も)が対象らしく、この間口の広さがいいですね。動物園だが植物。
絵画も技術的にはともかく、「ああ、ゾウだ」「ピューマだ」とわかる。ビジュアル的な特徴だけでなく、性格とか身体能力的な特徴とか、その個体が内包する躍動までしっかり描いている。そんな感じ。
いのちをこんなにしっかりと見つめるお客さんが多い動物園か。気になる動物園となりました。お気に入りに登録。

写真
インドゾウ。特に意味はないが、騙し絵みたいに撮れたので。

写真
フンボルトペンギン。動物が水に入るとき、体毛から漏れる気泡が大好き。

写真
ナントカバッタ。このあと鳥に食われました・・・。

写真
食と言えば、こんな学びのPOPもありましたが、なんでライオンの体毛抜けてんのよ。

写真 写真
左ピューマ。右はボブキャット、名前が一発屋っぽい。

写真 写真
左はトラのなかでは中サイズのベンガルトラ。
右はジャガー。ヒョウと似ているが身体の斑点が違います。えも顔だけ見るとよくわからん。


そんなこんなで水陸動物三昧、鹿児島2日間はとても楽しかったです。
あ、コアラとレッサーパンダに触れるの忘れた。


鹿児島市平川動物公園 公式サイト
http://www.jazga.or.jp/hirakawa/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。