新聞記事の向こう側

到津の森公園

来年の話をすると鬼が笑うそうだが、去年の話をすると仏が怒るのだろうか。いや過去は大事ですよ、仏様。

昨年12月に久しぶりの園長ガイド(於:到津の森公園)に行きました。
そしたらまた新聞社からインタビューされました。
「また」って言うのは、よくそういう場面に出くわすんですよね。
僕は動物園には基本妻子と一緒に行くのですが、たぶんこの「家族でいる」ってのがポイント高いのででしょうね。
以下、そのときの新聞記事です。

--------------------------------------

【ケニアの野生動物紹介
 到津の森公園の岩野園長 訪問時の映像まじえ】
 2009年12月28日 01:20 カテゴリー:九州 > 福岡

写真
<ケニアのゾウの映像を見ながら話す到津の森公園の岩野俊郎園長(左奥)>

 動物公園「到津の森公園」(小倉北区上到津4丁目)の岩野俊郎園長が、映像を解説したり園内を巡ったりして動物について語る「園長のちょっといい話」が27日、同園であった。家族連れなど11人が参加した。

 園長と来園者が触れ合う機会をつくり、動物を通して命の大切さや環境保護を訴えようと、今年3月から月1回開催。今回は、岩野園長が今年7月に訪ねたアフリカ・ケニアの映像を紹介した。

 親のないゾウを育てる施設で、子ゾウ約10頭が水浴びをして遊ぶ場面では、水が嫌いで入らないゾウがいるなど、岩野園長は「ゾウも性格がいろいろ。群れで飼うとそれが分かるが、日本の動物園では1、2頭しかいないので分からない」と、現地ならではの動物の様子を話した。

 また「現地の野生動物を保護するスタッフは野生ライオンのおなかを見て『1週間何も食べていない』と分かる」など、スタッフたちのすぐれた観察力を紹介した。

=2009/12/28付 西日本新聞朝刊=

元記事
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/143218

--------------------------------------

載ってねえ! 僕の喋ったことなんてこれっぽっちも載ってないよ!!w

ていうか、そりゃそうか。
新聞記者に「どこがよかったですか?」って聞かれて、僕が答えたのは園内の【景観】づくりの話だもの。
ええい、動物園に興味のある人間が、「現地ならでは」の珍しい話ばかりに飛びつくと思うなよ。

新聞記事だから、文字数や読者を考慮して、内容が制限されるのはしょうがない。読み飛ばされちゃあ話にならなりませんからね。ほどほどがグー。

でも、記事にあるゾウの話って、園長の話では導入部分で、大事なのは(もちろんこのゾウの話も大事だけど)そのあとの話なんです。
子ゾウの水遊びの話から、「ゾウやキリンのいない動物園があったっていい」という岩野園長の強烈だが、僕はおおいに賛同する主張へとつながっていくのです。

「動物には、本来、珍獣も奇獣も特別素晴らしい動物もいない。
それは人間の価値観で、動物はみんな淡々とあるべき姿で生きているだけ。
その動物本来のあるべき姿を、たとえば本来群れで生きるゾウやキリンの姿を伝えられないのならば、動物園にはゾウもキリンもいなくたっていい。」

岩野園長は、旭山動物園の小菅名誉園長らとともに、常々「国立動物園」の設立を訴えています。

「地方行政や企業が、ゾウを群れで飼育できる環境を用意することは、敷地的にも資金的も難しい。そこは国で取り組むべき。
対して地方や企業は土着の、あるいは得意分野の動植物を展示するといい。」
そんな地味な、とお思いかも知れませんが、子どもがそんじょそこらのイヌネコにどれだけ目を輝かせているか。

記事内のライオンの話も「1週間食べていない」のが「すごい」とか「かわいそう」ではなく、あるいはスタッフの観察力への尊敬だけではなく、ヒトと違う生のあり方の話だと僕は思います。


「なぜ」を追求すると、相手を見る目が変わります。
動物園のライオンはいつも寝ている。平均して20時間寝るそうです。
なぜ? ヒマだから? きついから? 飼われて堕落したから?
でも野生のライオンもよく寝ているそうです。体力を温存しておくためだとか。
なぜ体力を? 野生ではいつも獲物にありつけるとは限らないから。

そうか、寝るというのは、ライオンにとって全力で生きている姿なんだ。たとえ動物園でも彼らは生き方を決して変えないのか。
逆に、昼間ライオンが活動しているなら、それはなぜ?
サービスがいい? たぶん違うよなあ。
寝ているべきときに動いた。エネルギーを使う。それは命と引き替えの行為です。てことは、どうしても動かないとけないから動いたハズですよね。
あ、ヒーターのところに行きよる。なんだ寒いんかい。

「なぜ」を考えていくと、相手が見えてくる。あたたかい目線になる。
すべてのヒトがいろいろ考えながら生きているように、すべての動物もそれぞれ生々しく生きていることがわかるんです。

どんな動物も、世界に2つとない「珍獣」「奇獣」なんですよ。


だからさ、ゾウやキリンのいない動物園があったっていい。
到津の森公園の園長ガイドは、いつもそんな話です。


相変わらず、長くなっちゃった。本題は【景観】の話なんですけどw
それはまた明日、かなあ。つづく


到津の森公園 公式サイト
http://www.kpfmmf.jp/zoo/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する