ダメ長男を変えた生きもの探検・2 川下り編

【ダメ長男を変えた生きもの探検 田植え編 ・ 川下り編 ・ ツチモン編

くまわりファームを紹介してくれたのは、北九州インタープリテーション研究会(インプリ研)代表の原賀いづみさんです。
インプリ研はむかし、当ブログでも取り上げたことがあります。

 「閉園した動物園の話」
 「Facebookがいとうづゆうえんを思い出させた夜」

このときはまったく関わりなかったんですけど、その後仕事で知り合いました。
公私に渡り、よく気にかけてくださっています。わーい。
その原賀さんが中心となって2010年から夏冬に企画・運営している「生きもの探検隊」(くまわりのとは別)に妻と長男(7歳)が参加しました。2016年8月18日。

おれ? 入院してたwwwwww
てやんでい、バーロー。
とういうわけで、ぐだぐだ文句だれながらレポート・GO! グダモンGO! 

160818_01.jpg

福岡県京都郡みやこ町から行橋市を流れる祓川(はらいがわ)の中流。横瀬。
笠をかぶるは湿地帯中毒の人・中島淳さん、その人です。ふたたび!!

160818_02.jpg

ヤマトシマドジョウかなあ。

160818_03.jpg

上流。蛇淵(じゃぶち)の滝。
めちゃくちゃ水冷たかったそうです。
でも、そのあと9月にこの川で水着で遊んだときよりは温かかったと思う。
つまり、数カ月後も再び行きたいほど楽しかったわけです。ホント冷たすぎて怒りすらおぼえたけど。

160818_04.jpg

中島隊長が捕らえたというトノサマガエル。でけえ!

160818_05.jpg

ヤマメ? 美しス…。(うっとり)

160818_06.jpg

そして河口。行橋市今井。
このころになると、長男(右の赤い麦わら帽)は他人の世話まで焼いていたそうです。

もともと世話好きではありますが、野生の(動物園のは大丈夫w)生き物を率先して獲ってやるとは驚きです。
田植えのときには逃げ回ってたんですよ。

じつはこの日、長男はインプリ研の原賀さんの息子さん(イケメン)とずっと一緒にいました。
僕は入院だし、妻は妊婦(2016/9/15次男出産)だったし。
さすが原賀さんの息子さんだけあって、生きものの造詣と慈しみが深い方で、感化された模様。
身内より他人だとすっと導かれるやつだなあw でもわりとそういうとこありますよね。

160818_07.jpg

中島隊長はすでに不在で、ここの隊長は水環境館のスタッフの川原さんだったとか。
確かに、この髪は川原さんだ!! (カニは?)
あとから聞いたところでは、北九州野鳥の会の田代省二さんも隊長でいたとか。くー! (カニは?)

水環境館、大好き。過去の紹介を貼っとく。
 「もっと評価されるべき<のぞき>」


一本の河川を、同じ日の上流から下流まで一望俯瞰するこの「生きもの探検隊」は、本当に素晴らしい。
生物多様性を理屈じゃなくて五感で感じると思います。感じたくなくても感じるw

「なんとなく見る、わあ! いた。スゴイ」だけではなく、生きものの発見(有無)チェック表や解説シートがあって、専門家による解説・実践などがあることが、参加者の理解度と愛着を深めているはずです。

いつも言っていますけど、たいていは「知らないから興味がない」んです。「知らないから嫌い」。
興味ないとか知らないということについて、詳しく問うと、だいたいその人より僕のが詳しい。
知らないで決めつけるのって、社会生活で僕らが最も忌み嫌ってることなのに。
キミタチはゴキブリの何を知っているというのかー!!(ウザい)

知るための仕組みが見事、さすがです。

来年は僕も参加してー。


(つづく)

【ダメ長男を変えた生きもの探検 田植え編 ・ 川下り編 ・ ツチモン編

北九州インタープリテーション研究会 公式ブログ(停止中)
http://kitakyushuinterpret.blog137.fc2.com/
北九州市水環境館 公式サイト
http://mizukankyokan.jp/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する