新感覚! ガラスのない水族館

【大分マリーンパレス水族館「うみたまご」】  訪問日 2015/5/7、6/13

あそびーち以外については→こちら(6/20公開、たぶん。うそ6/21でした。)

2015/4/18、うみたまごに新施設「あそびーちができた。
最初妻子が行って年間パスポートをつくってきた。なかなか面白かったというので、今度は6月に家族そろってでかけた。父はいつもあとまわした。

「動物とあそぶ✕アートであそぶ」がテーマの新感覚ビーチだとか。
まずは公式CMをどうぞ。



公式ページはココ。
http://umitamago.jp/touch/asobeach/

ガラスのない水族館か。いいね。うみたまごらしい。

150507_01.jpg

あそびーちの(ほぼ)全景。
写真中央付近の人工の砂浜に人が2人いる。ここまで人が入れる。脛くらいまでの深さだ。

150507_02.jpg

近くに来るかどうかはイルカの自主性に任せられている。
スタッフが常駐している。ルールを守ればその体にふれることもできる。

150613_01.jpg

ルールは口元と尾びれ付近に手や足を差し出さないことなど。
理由は直接聞いてほしい。なるほど感がすごい。

しかし水面ギリギリでイルカを見ることができるのはもえる。

150613_02.jpg

イルカたちはわりと頻繁に跳ぶ。
飼育員の指示ではない。勝手に遊んでいる感じ。
じっと見ていると「あ、跳ぶな」ってわかると思う。ヤバイ、楽しい。

イルカの個体表示(名前とか)の掲示がなかったのが残念だ。
「イルカさん」じゃなくて名前で呼びたい。

150507_03.jpg
150613_03.jpg 150507_04.jpg

イルカ以外にも生き物がたくさんいる。
日によって違うのかな。5/7と6/13でも異なる。ペンギンがいるときもあるようだし。
なお、左下のかっこいいのはフタアゴヒゲトカゲ。

150613_04.jpg

必見はカメレオンかもしれない。

150507_06.jpg 150507_05.jpg

まぎれすぎて、どこにいるかわからない。
動きも風に揺れる木の葉のようだという徹底ぶり。ニンニン。

150507_07.jpg

もうひとつ、あそびーちの熱いポイントがある。「魚プール」と呼ばれる場所だ。
写真の子どもたちのハマリぶりを見てほしい。

水槽の表面を気泡が流れている。
その下に魚や貝やヒトデなど、いろいろな海の生き物がいるのだ。
これを水中メガネ(小さなプラスチックの水槽だけど)で、のぞく。

150613_05.jpg

すると、こうだ!!
逃げない。なんで? ・・・あ!!

以前、海響館(山口県下関市)で聞いたマンボウ展示の方法を思い出した。
マンボウ水槽の水面は泡を発生させている。理由は「水槽の上や周囲を歩くスタッフを見えなくして、ストレスを軽減するため」。
「水族館の魚を美味しく食べる!」(記事中ごろ、マンボウの写真がある付近参照)
これかー!?

子どもが楽しい遊具もあれこれあった。
それはそれで面白かったし、アートだった。でも紹介はいいや。他の方に任せよう。
ゆったりとした音楽が流れ、そのつもりで行けば、1日ずっとここだけで楽しめそうだ。
子どもと行くなら、彼らを急かさないことだけを決めて行きたい。いや僕の話ね。

さて、あそびーち以外については改めて記したい。
冒頭に「うみたまごらしい」と書いたけど、どういう意味か。以下次回(笑)
イルカ問題にも触れなかったしね。触れないとね、あそびーちもできたばっかりだもん。

つづく!


大分マリーンパレス水族館「うみたまご」 公式サイト
http://www.umitamago.jp/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する