野生を活かせ! 水族館人の心意気 

【しものせき水族館 「海響館」】

前回までのあらすじ:チンアナゴとイルカとアシカに萌えた。

130410_14.jpg

さて、いまや海響館の顔となった<ペンギン村>では、本格的に「ペンギン大編隊」が始まりました。

3月の試験運用のときと少し違ったのは、全長40cm程度のホバリング(空中で静止)が特徴のトリの解説があったこと。インカアジサシといいます。罪深きトリ。
ペンギン水槽の中にいるから「あ、ペンギンって飛ぶの!?」と毎回驚く人がいてさ。バカなw
ペルーからチリまでの太平洋岸に分布しているそうだから、フンボルトペンギンの生息地とかぶるのかなあ。マ、この水槽にはフンボルトいないけど。(駄目w)

大編隊は水槽の下(1階)で行うのですが、先に行われるインカアジサシの解説は水槽の上(2階)です。移動時間も3分用意されているのでぜひ上で見たい。

なおインカアジサシはヒゲがかわいいことに余談は許さない。(「インカアジサシ ヒゲ」でググるべし)

130410_15.jpg

ジェンツーペンギン。
換羽期間中だったオウサマペンギンはあまり泳いでいませんでした。
野生下でも羽毛の生え替わり時期は海に入らず、エサも食べす(!)じっとしているそうです。

この日、飼育スタッフさん(おねえさん)にペンギン大編隊をはじめ、イルカやアシカ、魚の輪くぐりなどの訓練方法についてお話を伺う機会を得ました。
特別な方法があるのかと思ったら、パブロフの犬的なエサを介したごく簡単な条件反射を積み重ねて、複雑な動きに至るという、至極当たり前でつまんない方法でした。
僕はこのつまらない真っ当な根気にこそシビレます。慈愛と責任や。

こうした訓練は、検査をするときに動物に手助けをしてもらう目的で行われます。
検査のときに好き勝手に動いたり、動かなかったりしたら大変ですもんね。

スタッフさんは仰いました。
「生きるのに必死なんですよね。だから覚えちゃうんですよね」
がつ-ん。餌づけってそうか、生きようとする命の躍動そのものなんやー!

130410_16.jpg

感動した僕は、ペンギンたちにあやかりたいと、常設のペンギン着ぐるみを息子に(3歳)着せて館内をうろうろさせました。飛び交う「かわい-」の声におれご満悦。(バカ)
うかれて写真を撮り忘れた(馬鹿)ので、これまた感動したペンギン折り紙の写真を貼っておく。

130410_17.jpg

海響館で大好きなのがアクアトンネルです。
短いけれど海中感がスゴイ。カタクチイワシの群れとか毎回写真撮っちゃうよ。
そういえばマイワシとカタクチイワシの見分け方のPOPが増えていたなあ。進化中か!

130410_18.jpg

下関は全国的にフグで有名でして、フグ展示の充実度ハンパないです。常時100種はアタリマエー。(アルシンド)

生きたサカナの展示だけではなくって、こんな展示も増えていました。進化中か。
全国で下関市彦島の唐戸市場南風泊(はえどまり)市場だけで行われてる袋競りの解説です。
黒い袋の中で指を折り曲げて値段を決めるという競り。
手の模型もあって、体験もできます!! ってワロタwwwww でも地元に興味持てるイイ展示。

手のマネキンの向こうにはリアルな骸骨の模型が見えます。(見える?)
竪穴式住居で埋葬されていない五体の死体が見つかり、そばにはフグの骨がありました。という遺跡の再現模型です。
古くからフグは日本人に愛されていたという歴史の話ですけど、怖いわ!w

130410_19.jpg

マンボウもフグの仲間。
エサやりタイムでは、海面からにょきっと突き出た手(怖いわ!)が「マンボウだんご」を与えます。
他のサカナは1日1回の食事だがマンボウは3回与えるとか。理由は消化遅いから。赤ちゃんか。

確かに赤ちゃんみたいにかわいい顔してるし、口も歯のない赤ちゃんみたく柔らかそう。
でも油断するな、危険! 固いから! こいつらクラゲとか引き千切って食べるんやで! 怖いわ!

130410_20.jpg 130410_21.jpg
130410_22.jpg

女子に人気のスナメリ先生もガラスのポッチにチューしたり、日本で類を見ないバブルリングを出したりします。これも「訓練」を展示化したものです。
バブルリングはもともとスナメリのうちの一頭が遊びで始めたそうです。確かにいい顔してたw

しかしあぶくが横に走るとはどんな勢いだ。
実は野生下のスナメリは口から水を吹き出して砂底の生物を追い出し採食するそうです。
バブルリングになるとその能力がよくわかります。「遊び」をよく展示にまで発展させてくれました、感謝。

などと言っているウチに閉館時間(17:30)を過ぎた始末。まだ館内1周半しかしてないのにー!

丸1日いると楽しいのは時間によってサカナの動きが変わることですよねー。
ざっくり言うと朝夕が比較的動いて、昼はまったり。
スタッフさんに聞いたらお腹がすくと動き出すらしい。食べ物を探すということか!! 野生!!
130410_23.jpg

余談だけど息子(3歳)の強い要請(駄々)でガチャガチャに300円を投入した。甘い? 仕方ないよ。だって「海洋堂×荒俣宏」でラインナップに「チンアナゴ」があったんだぜ? どうせチンアナゴ出ないだろうけど。
と思ったら出たッ! チンアナゴー!! でかした息子(3歳)

そういえば、チンアナゴってイヌのチンに顔が似ているからチンアナゴなんだって。似てねえよ。


下関市立しものせき水族館 「海響館」
http://www.kaikyokan.com/

参考:「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイトより
どうぶつのくに Vol.47 特集 下関市立しものせき水族館 海響館 ペンギン大編隊!
http://www.doubutsu-no-kuni.net/?p=1239
ペンギン界の若大将、森本大介のペンギン村議事録Vol.3 亜南極水槽 秘密の装置
http://www.doubutsu-no-kuni.net/?p=14133
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する