なにこれ現実!?アドベンチャーにもほどがある

【アドベンチャーワールド・陸編】

南紀白浜へ家族旅行に行きました。
でもなぜか初日は天王寺動物園に費やしました。の2日目、2012年9月3日の巻・前半。
夏休み終わった直後ですから、白浜の誇るメインビーチ白良浜(しららはま)のド真ん前のホテルを格安でとれました。

120903_02.jpg

120903_01.jpg 120903_03.jpg

白浜って、もっと昭和40年代新婚旅行的な日本情緒あふれるところかと思ってたけど違うのね。
駅もホテルも町中もパンダ一色。「パンダの町・白浜」だって。
ホテルのふすまの模様(写真右下)すらパンダに見える始末。
早朝から海遊び。砂がさらさらで、いつまでもさわっていたい心地よさ。いかん。そんな場合じゃなかった。

120903_04.jpg

南紀と言えばアドベンチャーワールドー!
開園前。なにこの行列。

アドベンチャーワールドは動物園、水族館、遊園地が揃ったとんでもないスケールのテーマパークだそうです。何をテーマにしているのかわかんないけど。

120903_05.jpg

ゲートをくぐると馬鹿でかいアーケードに度肝抜かれました。
ショップが並んでいるばかりかと思うと、池があってペンギンがいたり、フラミンゴがいたり・・・!
一気に非日常の世界に引き込まれます。

120903_06.jpg

アーケードは実は少し高台にあり、ここを抜けると眼下に広がる広大な敷地といくつもの施設にテンションがさらにあがります。
そのすぐ左下には大きな運動場があり、アジアゾウが2頭のっしのっしと。
正気を保てるほうがおかしい。

120903_07.jpg 120903_08.jpg
120903_09.jpg 120903_10.jpg

ジャイアントパンダは最初に見ました。8月10日に生まれたという子パンダも公開時間でした。
日本国内に12頭いるパンダのうち、ここに9頭いるらしい。世界でも有数のパンダ施設だそうです。
これだけ並ぶと、一見さんの僕でも「ジャイアントパンダ」という種ではなく、個々の彼彼女に興味がわくなあ。それを促す看板もたくさんある。

120903_11.jpg

まずは「サファリワールド」を行く。

アドベンチャーワールドでは、動物を見るツアーはたくさんあります。バックヤード行くものとか、自分でジープ運転できるものとか、専用ガイドつくものとか、ほかにも。
時間とお金の都合で僕らが採用したのは、随時発車の列車方乗用車ツアー「ケニア号」(無料、所要時間25分)→ウォーキングサファリ(無料、所要時間おれ次第)のフリーコンボ。
これ大正解。

ケニア号社内の自動音声アナウンスはきちんと僕らの動物への興味を煽ってくれます。
草食動物ゾーンは歩いても行けますが、やはり肉食動物を見るなら車じゃないと難しい。
あと、まずはパーク側のガイドで基礎知識を入れておく感じ。
これが自分たちだけで歩くときに活きるんですよ、多分。

120903_12.jpg 120903_13.jpg
120903_14.jpg 120903_15.jpg

動物は左上から、チャップマンシマウマ、ライオン。
ヨーロッパヒグマ、ウシ科のエランド(多分)とチーター。

クマと野生のカラスが一緒にいる(写真左下)だけでドキドキするのに、草食動物と肉食動物がいる(写真右下)とかもう!

チーターは自分より大きな獲物は狙わないそうです。
他のサファリでもチーターと草食動物を一緒に展示しているのを見たことないわけじゃない。
そも野生下を思い浮かべれば・・・。それでも、ねえ。驚き。

120903_16.jpg 120903_17.jpg

次は「ウォーキングサファリ」です。
実は当日とってもいい天気でした。歩くの気持ちいい!

120903_18.jpg

ウォーキングルートは車道横の明るい場所だけではなく、林の中にもあります。
茂みの中になんかおる!? と思ったらワオキツネザルでした。

放し飼いかと思ったら、足に鎖がじゃらり。うーん・・・。
ゲート入場直後アーケード内の動物配置といい、ちょこちょこひっかかるな・・・。

120903_19.jpg

チーター発見。「かみます」 何ー!?
金網ひとつ向こうにチーター。近ッ!!
自分より大きな獲物はふつう狙わないつって、子どもは小さいですけどー!?

でもこういう「自己責任」感は嫌いではない。

120903_20.jpg

ウォーキングで大興奮したのがエサやり。いやさらに恐れおののいたと言うべきか。

ゾウ分だけだと200円。でも他の動物のえさも一緒に買うと500円です。
そりゃ500円やろ。指定時間に指定場所に行く必要があるそうです。

この缶でエサやりができるのは、ゾウ、サイ、マントヒヒ、ラクダ、マレーバク、キリン、ラマ、ヒマラヤタール(ウシ科)だって。すげー。

ちなみに最初に缶の写真を撮り忘れたちゃった。
写っているのは中身ほとんど入っていない状態です。いっぱい詰まっていました。

120903_21.jpg

アフリカゾウが3頭並んでエサを奪い合う。鼻で叩き合ってたよ・・・。

120903_22.jpg

笑ってるけど正直怖い。めちゃ怖い。もしものことばかり考えていました。(真剣)

120903_23.jpg

アミメキリン。見た目が年配のオスっぽいですね。好きな顔。
写真はぺろりってかわいいかんじですが、腕に舌が巻き付き引っこ抜けるかと思いました。おまけにべっちょりした。

120903_24.jpg

マレーバクにもエサやり。
水に潜ったり駆け足したり鳴いたり。マレーバクをこんなにしっかり見たの初めて。惚れた。
ここは人との間に深いお堀があって安心です。本当に。

120903_25.jpg

でもシロサイが待ってんすよ・・・。
開閉するたびにがっぱがっぱ音がする。怖い。コイの口をでっかくしたイメージ。怖い。

120903_26.jpg

マントヒヒ。昔から普通に怖いw 顔が怖い。動きが怖い。
エサは投げるとキャッチしてくれる。驚異の身体能力です。

120903_27.jpg

「ふれあい広場」というゾーンもあります。
ヤギとかモルモットとかかなーと思ったら、意外といろいろいます。
芝生にはクジャクやらマーラが歩いていたりします。僕を慰めておくれ。

120903_28.jpg 120903_29.jpg

希望は潰えた。猛獣登場。カバ(写真右下)がいました。どうやってふれあえと言うのか。
カバ舎の中になぜかシカも。いちいち怖い。
あ、コビトカバー!!(写真右下)

カバとコビトカバを一緒に見ることができるとは。
そういえばここには、アジアゾウとアフリカゾウ、シロサイとクロサイがいる。
ちょっと凄い。

120903_30.jpg

「ふれあい広場」にはバードゲージもありました。本当に広いなしかし。
中にはリスザルやウラミンゴがいた(気がします)。

写真はコガネメキシコインコ。葉っぱをバキバキ喰っていた。怖い。
でも彼らが7、8羽でゲージの中を一斉に旋回したときは、思わず見とれました。美しい。

120903_31.jpg

僕大好き、コツメカワウソもいました。

120903_32.jpg

コツメと握手とな!? 手さわれるの? いいの、これ!?
冷たくて柔らかかったー。


あ、まだ水族館に行ってなかった。海編に続く

120903_33.jpg

ふ。ついてこいよ。


アドベンチャーワールド 公式サイト
http://aws-s.com/
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する