スカイツリー水族館で有名になったシロワニを見る

【マリンワールド海の中道】

前回までのあらすじ:昼間は暑い最中陸の動物見たので、夜は涼しい屋内で水の動物を見たい。逆にすればよかったのにね。あ、気づかなかった。

ということで2012年7月15日の夜は、海の中道海浜公園の隣にあるマリンワールドへ。
夏休みだから「夜の水族館」ということで営業時間を延長しているのです。

正式名称は「海の中道海洋生態科学館」。経営主体は西鉄グループ。
到津の森公園の前身、到津遊園の経営していたのも西鉄グループです。
だからか、この施設の初代館長(1988-1996)は到津遊園の園長でもあった故・森友忠生氏でした。
森友さんの「動物園へ行こう」(葦書房:1995)が僕は大好きでねー。動物の面白い見方が書いているのはもちろん、交尾に関する記述がマー長い。なにこれw オススメ。
さておき。

120715_07.jpg

マリンワールド到着。午後5時くらい。

120715_08.jpg
120715_09.jpg 120715_10.jpg

水族館はいつ来ても幻想的なところがいいですねー。とくにデートにいい。経験ないから想像やけど。
夜だからわざと照明も落としててそれもまたグー。暗すぎて子ども見失なったけど。

館内のPOPは古くさいデザインなんだけど、字が太くて大きくて読みやすい。

120715_11.jpg 120715_12.jpg
120715_13.jpg

イルカショーは夜だけで3回やってました。彼らの体調が心配ですけど正直嬉しい。
イルカも数種いたり、アシカや、クジラまでいたり、大勢の競演でちょっと圧倒されました。
子ども達も自分の人形と一緒に座ってみたり、水がかかるところに集まったり、楽しそう。てかやりたい放題。
ショーではヒトもプールに飛び込んで泳いだり、予想外の展開が多くてドキドキしましたよー。

このイルカプールの水中部分はレストランの壁になっていて、いい雰囲気で食事ができます。
料金もそこそこ安い。コレ重要。

120715_14.jpg

ドキドキしたといえばコレ。大水槽の前で、ちょwww子ども向けコンサートwwww
正直酷いな、と思った。

が、動物たちに悪い影響がないならアリかもなと、聞いている最中に思い直しました。
楽しいんですよ。暗い照明で目の前に大水槽、キレイでうっちょり。
子ども達は一緒に歌うし、ほがらかしちゃって、なんだかこの施設にまた来たいなって思っちゃう。

いつも実施するのはどうかと思うイベントやけど、使いどころやよね。

120715_15.jpg

コンサート以外にも大水槽のイベントがありました。
いわゆるワンポイントアドバイス。
だけどここでは、水槽外でお客と一緒にいるスタッフと水槽内のダイバーがマイクを通じて会話しながら進行するのが新鮮。テレビ的というか。

実際、ダイバーはハンディカメラを持っていて、ダイバー視点のLIVE映像が水槽横の大ビジョンに映ります。話聞いているぶんには「ふうん」だと思うけど、きっと想像以上の臨場感ですよ?

たとえば、マリンワールドにはシロワニっていう(スカイツリーのすみだ水族館でも話題になった)サメがいます。で、それにちなんだクイズ出されるわけです。
水槽底部の砂の中に沢山落ちているモノは何でしょう。1・ウロコ、2・歯、3・フン。
(いや問題が微妙に間違っている気がするけど、忘れたんで。たとえば話つうことで。)

「正解は・・・ほらコレなんです!」
と、砂をすくうと、確かに手のひらに歯がいっぱいー!! 僕らお客は思わず「おお!」って。
そして「サメの歯は延々生え替わる」という例のありふれた説明がありまして、でも、目の前でLIVE見せられているとインパクトが違う。全然違う。

なにより今後、僕はどこの水族館に行ってもきっと水槽の底が気になる。楽しみが広がった。

120715_16.jpg

水槽の横にこんなサメの頭部展示がありました。
骨を見るときの気持ちだってこれまでとは段違いですよ。いやマジメな話。

てかこのイベント有名なんですね。ネット見て驚いたw

120715_17.jpg 120715_18.jpg

そしてマリンワールドには、旭山よろしくアザラシの例の水槽がありました。知らんかった・・・。
2009年完成つって、けっこう前やん。まじすか? ネットで見たらけっこう有名な事実なんですね。驚いたw 動物園好きが聞いて呆れますばい。

だからこの展示に到着した途端、妻とフイタwwwww
ちょwwwこれwwwこないだ岩野園長(到津の森公園)が批判していたアレ!?wwwww
「形だけ真似したとこがあるみたいですけど」つってwwwww

岩野園長が言ってたのが、正直ここのことかは知りません。
でもそれはそれとして、個人的にココのつくりはちょっと残念でした。
狭くて腰を据えてアザラシを待ちにくい。後続の人が気になってずっといるのが気まずい。

1時間でも2時間でもじっと見るだけ大歓迎!
・・・という雰囲気が動物園や水族館には必要だと思うのです。

他にも希望はいろいろあった水族館です。
でも「結局」どうだったのよと問われれば、楽しかったわーいわい。

120715_19.jpg

生き物って本当どれも美しいし面白いやね。

120715_20.jpg

ただ、ミュージアムショップのコレはない。ブー×

120715_21.jpg

感の外に出たらあたりは真っ暗。そりゃ夜9時超えてるし。息子(3歳)はもう寝てるし。
だから後半はずっと大人の愛の時間でした。マどっちが息子(3歳)を抱きかかえるかっつう、なすりつけ愛なんだけど。(ダジャレ)

おちまい。


マリンワールド海の中道 公式サイト
http://www.marine-world.co.jp/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する