野生の爪痕

【秋吉台自然動物公園 サファリランド】

サル2012年5月3日、妻と息子(3歳)と一緒に動物のいるところにいってきました。
さすがゴールデンウィーク。下り方面の事故渋滞がパねえっす。
北九州の朝だと福岡や南九州方面の下りが多いんですよね。でも僕らは上りですから関係ない。すーいすい。誰も北部九州から山口方面とかに行かないらしい。哀しいなおい。

でも到着したら多かった。
行って来ました秋吉台サファリランド。

120503_01.jpg 120503_02.jpg

いや本当に多かった。昼前の時点でサファリゾーンのバスは最終便しか空いていませんでした。
どうせ夕方までいるので予約しました。
右の写真もサファリゾーン内です。動物の健康は大丈夫か。罪悪感すごい。

あ、サファリゾーンとは車で移動する場所です。あと別にふれあいゾーンという徒歩で移動する場所もあります。他に遊園地ちっくなところも。


120503_03.jpg

グラントシマウマ。
動物園ではわりかし砂地にいることが多いシマウマだから、草原で草を食むのってなんか違和感。ウマみたい。(ウマだ)

120503_04.jpg

違和感といえばサイと他の動物が一緒にいるのも変。(変じゃない)
バス移動のときだったので、通り過ぎる前にと慌ててカメラ取り出してシャッター切ったら、窓の水滴でボヤー。
ミナミシロサイと、あとなにこれブラックバックのメス?

120503_05.jpg

アメリカクロクマ。
子どもはイヌみたいに面長で細いのね。写真ないけど。
上の写真の彼はまつもとちづお某みたいやね。

120503_06.jpg

ライオン。でかい。
右の方のメスライオンの体格。ほっそりたくましい胴体に太い片腕のバランスが荒川弘の絵みたい。
あ、今また「ハガレン」読んでいるんですよねー。大好きマンガ。

120503_07.jpg

そうそう、このサファリのウリはライオンの子のだっこ。
すごい人並んでいました。僕は動物を無節操に触ることにはあまり興味ないのでスルー。
てかこの掴み方ひどい。もっと抱き方変えればいいのに。と周囲の人が言う。
たしかに。でも、「お母さんが子ども運ぶときの持ち方かー」と妻。
なるほど。子ライオンもまったく動かない。

120503_08.jpg 120503_09.jpg

サファリゾーンのところどころにいる監視がものものしい。いや僕らを守るためなんだけど。

120503_10.jpg

実戦のあと。ヒイ!

120503_11.jpg

犯人はコイツ。トラ。悪そうな顔。
雨で涼しいからか、水好きだからか、この日はメチャクチャ跳びはねていました。怖い。シャレならん。怖い。

120503_12.jpg

関係ないけど「エサやり」のおこぼれねらいの野生のトンビがかっこよかった。
水も滴るいいトンビ。


結局、サファリゾーンをバスと自家用車で3周、ふれあいゾーンは2周しました。
動物って何度見てもぜんぜん飽きないね。とくに息子(3歳)が愚図らない。ラクチンヌ。


秋吉台自然動物公園 サファリランド 公式サイト
http://www.safariland.jp/


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する