Read more

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

Read more

マイナーなのがもったいない動物園

【西海国立公園 九十九島動植物園】  訪問日 2014/1/23当エントリーは、更新をさぼっていたいわゆる2年前シリーズである。今回は長崎県佐世保市の九十九島動植物園のことを記す。まず、園の名前を整理しておきたい。1961(昭和31)年に佐世保市亜熱帯動植物園として開園。石岳の中腹にあることから、地元では「石岳動植物園」という愛称で親しまれてきた。2011年4月、開園50周年を機に西海国立公園九十九島動植物園と園名を変...

Read more

動物に気圧され続ける公園

【長崎バイオパーク】  訪問日 2014/1/21 遅れて更新シリーズ。2回目は長崎バイオパークでだ。当時、更新するつもりで選んでいた写真と記憶だけを頼りに、おぼろげな記憶だけで語る強気の企画である。どうぞ。 入園早々いるのがクモザル。ここでは、昔懐かしい「パチンコ」を使って、池のなかにあるクモザル舎にエサをとばせる。 →参考の過去日記はコチラ と、思ったら中止している。クモザルの家にも周囲に檻が。なんで?掲...

Read more

モテるための水族館

【九十九島水族館・海きらら】天気は西から変わっていくというから、台風17号が迫ってきたその日、僕は西へ向かいました。北九州市(福岡県)の自宅を車で出発して高速道路に入り、特に行き先も決めぬまま空が明るい向こうの山の麓を目指して約3時間後、僕は佐世保市(長崎県)へ到着していました。目の前には「九十九島水族館・海きらら」。昨年9月以来、通算2回目の来館です。そういえば1回目のときも台風が来たからと太陽を求め...

Read more

最高のペンギン

【長崎ペンギン水族館】2012年5月19日、とくに何の理由もないのですけど、長崎のペンギン水族館に行ってきましたよ。2年ぶり。あのDT(ドリームタイム)がまた味わえるのか。もしくは初対面で「かわいい!」と思った娘を2回目みると「あれ?」って思う僕ですから、思い出は美化効果?違った。しっかり味わった。ンマイ。今回は前回訪問時(2010年2月)の日記「一点集中波紋パワー」を見たことがある人前提で話をする不親切を敢行し...

Read more

横顔好きな子よっといで

【長崎バイオパーク】1/9-10と長崎に行って来ました。マとりあえず行きますよ、動物園は。長崎バイオパークです。バイオって、いつまでもそんな厳めしい名前でいいのやろか?クモザル。尻尾づかいが凄いサル。足が5本見たいにみえる。綱渡りするさまがまさにスパイダー、ピンクスパイダー、でも翼はいらない。(サルだから)動いてるときの特徴的でカッコイイシーンは撮れてません。見とれてました。ホオジロカンムリヅル。名前は...

Read more

おれ史上最高イルカショーに、であったー(アトム)

【西海国立公園 九十九島水族館】前回までのあらすじと今回の総括:8/22の台風襲来日、親の体面を保つため朝も早よから訪れた「森きらら」をたった3時間であとにした一家が次に向かったのは「海きらら」でした。おわり。イカは蛇足です。読まなくてオーケー。西海パールシーリゾート内にある海きらら。九十九島の遊覧船が絶品過ぎて、いままでなかなか食指が動かなかったのですが、いやーもったいなかった。 まずオシャレ。とにか...

Read more

クジャクの頭とライオンの居ぬ間

【西海国立公園九十九島動植物園】夏の思い出話につきあっておくれ。8月22日、台風が来ていた日のことでした。そんなの関係ねー!(なつ)とばかりに動物園へ行きました。佐世保市亜熱帯動植物園へ!!と思って着いたら「西海国立公園九十九島動植物園」って看板。道中の標識は「いしだけ動植物園」、町のパンフにゃ「森きらら」・・・なんだこれ。この春改名して「亜熱帯」→「九十九島」、市民の間で浸透している通称「いしだけ」...

Read more

動物との距離が近すぎる園

【長崎バイオパーク】4/24に長崎バイオパークに行ってきましたよ。実に四半世紀(ぐらい)ぶり。 入り口は遺跡感あふれる感じ。そこに檻なし鎖なしのアカコンゴウインコが入場門の手前でお出迎え。なんで飛ばないのかとそのへんの子どもたちが大興奮。なんでやろね。考えろ考えろ(笑)入園するといきなり目の前に広がる池とそこに浮かぶ小島・・・あー!!僕も大興奮。クモザルだー!!パチンコでエサを飛ばすことができる。おお!...

Read more

一点集中波紋パワー

【長崎ペンギン水族館】2/27、ランタンフェスティバルに行ったその昼間、長崎ペンギン水族館に行ってきました。 ペンギン水族館の敷地内、駐車場から本館までにビオトープ。ビオトープとは、乱暴に言うと河川とか田んぼとかの古きよき田舎風景を人工的に再現したもの。学術的に、あるいは教育的にいろいろあるっぽいけど、要するに水草とかサカナとかムシかが面白い場所です。面白すぎて、このたかだか何十メートルを進むのに何十...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。